healthy

目の下のたるみ

目の下のたるみは、40代を過ぎると目立ってきますが、目専用のクリームによるケアで、改善することができます。また、顔筋運動をすることで、たるみを予防したり改善したりすることができます。毎日、表情豊かに生活することが大切です。

● 詳細を知りたい!

刺激による悪影響

目の下のたるみは筋肉を動かすことによって防止することが出来ます。なにもしなければ筋肉量は低下して皮膚がどんどん下がってきてしまいますから、予防するためにも顔面のエクササイズを積極的に取り入れましょう。

● 詳細を知りたい!

施術を受ける

目の下のたるみは、それを取る施術を手がける専門のところで処置してもらうことが出来ます。どのような施術が行われているのか、受けるにはどれくらいの費用が必要なのか、あらかじめ確認しておきましょう。

● 詳細を知りたい!

たるみを取ろう

たるみが出来るワケ

祇園精舎の鐘の音には「諸行無常」の響きがあるというのは、ある有名な古典の出だしの一節ですが、まさしくこの世は諸行無常。
あったものはやがてなくなり、調子のいいものはやがて調子がわるくなり、……それはまるで春の夜にみる夢のように。
たとえば、人の体だってそれと同じで、昔はアゲアゲだったのに今はサゲサゲであるということは結構あります。成長する時期がストップしてしまったあとは、老化という下降線をたどる現象が始まるからです。その中でもとりわけイタいのは、目に見える老化というやつ。まだまだ若いつもりでいても、人の成長期は10代、20代を過ごしていく中でピークを迎え、そのあとはたるみ、ゆるみのオンパレードということになるのです。
というわけで、目の下のたるみが出来るワケは「老化」ということが言えます。

アゲアゲにする

老化はアガるよりはサガるもので、年をとると体力もなくなるし、印象もパワフルな感じよりは弱々しい感じが強調されるようになります。
ほうっておけば老化はどんどん進み、本当のオバチャン、そしてオバアチャンになる日まで、目の下のたるみは残り続けることになるのです。
もちろん、何も対策を取らずそのままにしておいたら、の話です。逆に言えば、きちんと対策を講じれば、目の下のたるみは治せます。
サゲサゲになってしまったものも、それを解消する方法さえ知っていればこわくはないというわけです。
たとえオバチャン顔になってしまったとしても、もう一度、アゲアゲな若々しい外見になれるのです。